グスタフ


by joy24y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30

松本歴代市長13人(240215)

松本市文書館で首題のお話があり聞いてきました。知っている事、初めて聞く御話もアリマシタ。
居住している市町村の歴史に耳を傾けてみましょう。新しい発見があると思います。
此れはと感じた概要をお知らせします。
講師は館長の小松芳郎さんです。(13時30分~15時)
d0048366_1232558.jpg
d0048366_123529.jpg

上段・・右から初代~六代まで(任命制)。下段・・右から七代~現在まで(公選制)

d0048366_124638.jpg
d0048366_1242529.jpg
d0048366_124414.jpg

初代小里(オリ)頼永(1855.5.1~s16年、1941.7.3・・87歳)から現在の13代菅谷昭市長まで、今年5月で105年になる。初代から6代までは、官選であり任命制であった。
選挙で選ばれる様になったのは第二次大戦終了後の(昭和22年)7代目からである。
市制は明治40年5月1日。就任は昭和12年まで30年間の長きに亘り、陸軍歩兵五十連隊、日本銀行松本支店を誘致、各地に小学校を造る。松本城改修工事も完成。
当時の全国市長会から贈られた銅像は現在の松本市役所の玄関にある。
d0048366_1242070.jpg
d0048366_12421580.jpg
d0048366_12425553.jpgd0048366_12431993.jpg

   











4代目に異色の軍人がいました。平林盛人(1887年~1969年)(市長在任はS19年5月~20年3月)
現安曇野市の出身で陸軍中将、憲兵司令官を勤めた軍人。
昭和15年第17師団長となり中国へ・・16年12月8日の真珠湾攻撃について11日後に、司令部の将校全員を集め、開戦を批判し、「一年もすれば日本は劣勢になる。近代化されたアメリカには歯が立たない、中国戦線が泥沼化している中で、英米を相手に戦う余力は無い」と話したと言う。
正に先見の名言ですね、この様に世界を見据えた卓越した軍人もいたのですね・・19年5月、内務省は中将を松本市長に任命した。
戦後現安曇野市穂高町長に・・33年に碌山美術館を開館した。

7代目に筒井直久市長が初めて選挙で当選した。在任S22年4月~26年4月。
  国宝松本城の再建、自衛隊の招致、信大本部招致、下水道施設などを行う。
9代目に降旗徳弥。在任S32年3月~44年3月。
  S38年政府は全国13箇所の新産業都市を内定。内陸では唯一、松本・諏訪が指定され今日の工業製造業の繁栄の元となった。

11代和合正治市長、(任期S51年3月~平成4年3月)
終戦で満州から引き揚げて故郷松本へ、市役所に就職、S44年助役、51年市長となる。
53年秋、国体開催。平成に入って松本文化会館建設の場所選定の時に、小澤征爾さんから電話が入る「サイトウ・キネン・オーケストラ公演の開催地を探しています。この美しい環境の地で演奏会が出来れば・・」その後、吉村県知事と3人で協議、此処に決まった。
以来昨年で19回となり毎年その時期に世界中から超一流の音楽家が集い、市民挙げての一大イベントとなる。
  
そして現在の13代菅谷昭市長は平成16年に当選して、今年市制100年に当たり3月の市長選に臨む事になる。重点施策として3Kプラン、「危機管理、健康ずくり、子育て支援」を挙げる。

松本市についてご理解いただけたでしょうか・・
[PR]
by joy24y | 2012-02-16 13:54