グスタフ


by joy24y
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カテゴリ:展覧会( 9 )

バラ空間220319

松本美術館で「バラ空間」と称して19世紀フランス、マリー・アントワネット、ナポレオン皇帝妃ジョセフィーヌに使えた、ジョセフ・ルトゥーテなどの植物画、特にバラを見事に描いています。さながら写真のように、精緻に美しく展示されています。この種の展示会は当地では初めての快挙です。
館内のアチコチに置かれている、バラの香りを放出する仕掛けも有り、バラの香りに酔ってしまう始末です。展示は4月4日まで・・
この流れを現代日本のボタニカルアートとして、ロビーでも展示していました。
d0048366_11422190.jpg
d0048366_11432678.jpg
d0048366_1144173.jpg
d0048366_11443541.jpg


          ロビーでの信州ボタニカルアート展示品
d0048366_11474596.jpg

[PR]
by joy24y | 2010-03-19 11:52 | 展覧会

新春・創元会8人展

六九街、ギャラリー イマージュで、8人展です(31日まで)ご覧下さい。
まだ、お正月の雰囲気ですね。
d0048366_20262616.jpg

d0048366_20271765.jpg

5月の飯山菜の花祭り、桜も咲いています・・暖かそうですね
d0048366_20292157.jpg

d0048366_20303372.jpg

群馬県側から見た、浅間山です。佐久から見る姿とは、全く異なりますね。
イマージュのオーナー、小谷さんの作品です。
d0048366_2033519.jpg

茅野、白樺湖ですね、右端は、水彩画です。白樺が映えます。
d0048366_20354316.jpg

[PR]
by joy24y | 2007-01-12 20:42 | 展覧会

中信美術展(第59回)

市美術館で中信美術展です(6/25~7/2)明日で終了の為か、混み合っていました。
入り口で「くさむら」「追想」に迎えられて、会場へ入ります。
美術館で、開催されるようになってから、作品が大型化になっている気がしています。
絵にたいする想い、執念が感じられます。
d0048366_1672892.jpg

d0048366_1674466.jpg

  ニケに捧ぐ、など
d0048366_168543.jpg

  想
d0048366_16131847.jpg

[PR]
by joy24y | 2006-07-01 16:15 | 展覧会

大ナポレオン展

松本市美術館で大ナポレオン展が終盤に近ずいています(5月13日~6月11日)
見て来ました。朝から大勢の来館者。質・量とも充実していて、見応えのある、展示でした。
ナポレオン(1769年8月15日、コルシカ島、出生~1821年5月5日、セント・ヘレナ孤島で死去、52歳)ルイ・ダビットの描いた、1800年、第二次イタリア遠征でのアルプス越え、サン・ベルナール峠を越えるナポレオン騎馬像に迎えられて館内へ、
1796年3月9日、ナポレオン(26歳)ジョセフィーヌ(32歳)と結婚。
1798年、エジプト遠征へ、ナイル河口でロゼッタストーンを発見。1822年、シャンポリオによってその碑文が解読された。
1802年、レジオン・ド・ヌール勲章を創設、今に至る。
1804年5月、皇帝に、12月2日に、ノートルダム大聖堂にて戴冠式を行う。
1812年6月、ロシア遠征え、9月、モスクワ入城、10月冬将軍に襲われる・・撤退開始・・敗軍に・・12月パリに帰る。
1814年4月、退位する。5月、エルバ島へ、流刑。
1815年2月、エルバ島を脱出、パリに戻る。6月、ワーテルローで敗戦、10月、67日の航海の果てに、大西洋の孤島、セント・ヘレナに流刑。
1821年5月、絶海の孤島にて死去(52歳)。
1840年12月、遺言により、セーヌのほとり、アンバリッドに安置。
1861年、ナポレオンの遺体、現在のアンバリッドの丸天井の下の棺に眠っている。
ナポレオンを偲ぶ日になりました。
d0048366_17125529.jpg

d0048366_17133593.jpg

[PR]
by joy24y | 2006-06-07 17:23 | 展覧会

伝統工芸品展

長野県の伝統工芸品展が、松本の井上デパート7Fで開催中です。国や県指定の物、及び伝統工芸品など多数です。実演も行われていました。松本からは民芸家具、押し絵びなが、飯山市からは、重厚な飯山仏壇が出展されています。(21日まで)手造りの良さ、美しさですね。
    木曾漆器
d0048366_10535863.jpg

    軽井沢家具(手前)と松本民芸家具(奥)
d0048366_1057334.jpg

    松本押し絵びな
d0048366_10575919.jpg

    木曽駒
d0048366_10591083.jpg

[PR]
by joy24y | 2006-03-20 11:13 | 展覧会

巻山昌宏個展

松本市、六九町のギャラリー・イマージュで個展です。創元会会員の氏は長年のサラリーマン生活中にも絵を趣味とし、定年後は絵画を友としています。
此のたび、信州の四季を描くと題して、上高地からの穂高連峰、乗鞍、常念、白馬の雄姿・・アルプスを背景にした安曇野の四季など、20数点を展示・・自然を愛する、氏の想いが伝わってくる作品です(29日まで)
d0048366_15184333.jpg

d0048366_1519410.jpg

d0048366_15193724.jpg

[PR]
by joy24y | 2006-03-05 15:23 | 展覧会
松本市和田のカモシカスポーツ店での絵画展です(19日まで)氏は定年(98年)後、東京から安曇野市に移住、同時に絵画の道に入り現在に至る。安曇野から見た北アルプスの春夏秋冬、故郷・木曾から仰ぐ御嶽山、スイスにキャンプして描いたアルプスなど・・いずれも、明るい優しさに満ちている作品です。現役時代の転勤先、名古屋・広島でも個展を開催しています。
d0048366_16141319.jpg

d0048366_1615337.jpg

      カモシカスポーツ店
d0048366_16163083.jpg

d0048366_1621339.jpg

[PR]
by joy24y | 2006-02-18 16:12 | 展覧会

洋ラン展

松本、井上デパート7Fで洋ラン展(12日まで)です。周囲は冷たい真冬の中、馥郁たる香りの中にシンビジュウム、カトレヤ、デンドロビュウムが咲き誇っています。県中南信ラン友会の出品です。明るく華やいだ雰囲気でした。目を楽しませてくださいネ。
d0048366_1702068.jpg

d0048366_1711857.jpg

d0048366_172458.jpg

[PR]
by joy24y | 2006-02-10 17:09 | 展覧会

江戸川乱歩

20日、東部公民館で江戸川乱歩(1894~1965)について、矢口裕義氏の講演があり、拝聴して来ました。乱歩は、私の好きな作家です。子供の頃、怪人二十面相、少年探偵団など、夢中で読んだものでした。講演では、乱歩の作品をいくつも取り上げて紹介しました・・その度に、読んだ記憶が甦りました。氏は、サントリー・ミステリー賞の選考委員のお一人です。一等が賞金1000万円です。私は、2004年8月に乱歩邸とその蔵書が公開された時に行った事があります。
それをご覧に入れましょう。 
乱歩展入り口                      復元の土蔵の蔵書
d0048366_17422292.jpgd0048366_17425915.jpg











乱歩の本名(平井太郎)の表札            乱歩邸d0048366_17483272.jpg
d0048366_17464789.jpg 











  乱歩の肖像
d0048366_17504757.jpg


乱歩展は東京、池袋で立教大学と乱歩関係者との共催でした。
私は、子供の頃(小学6年生まで)乱歩邸の近くにいました。60年前の昭和20年4月、アメリカ空軍、B-29の大空襲で父母の家は、焼け落ち、乱歩邸付近と立教大学のみが、難を免れたのです。池袋は、一面焼け野原に、壊滅したのです、死傷者10万人と言われています。
[PR]
by joy24y | 2006-01-20 18:13 | 展覧会