グスタフ


by joy24y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

<   2008年 10月 ( 9 )   > この月の画像一覧

乗鞍高原行きその④

「まいみの池」へ向かいます。三本滝とお別れし、下って善五郎を通り過ぎて、観光センターを右折します・・すると広々と視界が開け、まいみの池に着きます。紅葉がなんと美しい・・
まいみの池、
d0048366_6231775.jpg
d0048366_624752.jpg
d0048366_6243572.jpg
d0048366_625428.jpg
d0048366_6255962.jpg
d0048366_62635100.jpg
d0048366_6272952.jpg

一斉にシャッターを押す
d0048366_6283573.jpg
d0048366_6291212.jpg
d0048366_630254.jpg
d0048366_6304016.jpg
d0048366_6313335.jpg
d0048366_6321029.jpg

チラリと姿を見せる、乗鞍岳・・
d0048366_6372972.jpg

終日、時と所を変え、高原の秋を満喫しました。これで安心して、帰途に付きました。
月末までは、まだまだ楽しめます・・どうぞ、お出で下さい。
ご覧頂き有り難うございます。
[PR]
by joy24y | 2008-10-26 05:51

乗鞍高原行きその③

昼食と休憩後に、三本滝へ向かいます。標高は1800mを越えています。
この道を下ります。
d0048366_916665.jpg

つり橋を渡ります。
d0048366_9172843.jpg

木立の間から、滝が姿を見せます。
d0048366_9183374.jpg

三本滝です。
d0048366_9191712.jpg

左の滝・・
d0048366_9242448.jpg

真ん中の滝・・
d0048366_9251381.jpg

最も勇壮な、右側の滝・・
d0048366_9273718.jpg

d0048366_9283358.jpg

d0048366_9294556.jpg
d0048366_930726.jpg
d0048366_9324791.jpg

帰途にrつきます。此処が最も、行程が長く、木の根っこ、岩の道で、難渋しました。
落ち葉、カニコウモリ・・カニにも、コウモリにも見えますね。
d0048366_9373128.jpg

さあ次は、まいみの池へ向かいます。丁度2時です。最も紅葉が美しい場所です・・
次回その④をご覧ください。
[PR]
by joy24y | 2008-10-25 09:42
秋の紅葉した乗鞍高原を、皆で撮ろう、講師は、元ベテラン記者です・・大型バスに43人で、出かけました。この所、晴天が続き、そろそろ西から天候が崩れ始め、午後は雨確実の日に、なりました。行程は、番所の大滝、善五郎の滝、三番滝そして、一ノ瀬牧場あたりの紅葉を撮る・・
出発前はポツポツ・・現地に着いたときは小ぶり、所が、その後、雨は止んで、日が差してきました。これは奇跡ですね・・とにかく幸運な一日になりました(笑い)
8時半出発、番所着10時・・最初の最も大きな滝です。
巾11m、落差40mの大滝・・下りは早く、帰りはきつい登りに・・
その① 番所の大滝。
d0048366_10471821.jpg
d0048366_10474950.jpg
d0048366_10481562.jpg
d0048366_10484479.jpg

d0048366_10491387.jpg
d0048366_10494279.jpg

その② 善五郎の滝・・巾10m、落差30m。標高1500m、上高地と同じ高さです。
ここも、長い下りになります。
d0048366_10533595.jpg
d0048366_1054168.jpg

ミズナラの落ち葉が一面です。
d0048366_105502.jpg

d0048366_10563070.jpg
d0048366_10565961.jpg

この橋を渡り、更に進みます。
d0048366_10573630.jpg

滝です・・
d0048366_10594148.jpg
d0048366_110106.jpg

周囲の景色・・
d0048366_1111449.jpg
d0048366_1113745.jpg
d0048366_112788.jpg

此処でお昼です。
d0048366_1131695.jpg

その3、その④は、後日に・・
[PR]
by joy24y | 2008-10-24 11:04
馬場家主催の、木曾・伊那・辰野地区の本棟造りを、見て回りました。
まず、木曽福島へ向かいます。
約一時間で到着・・木曽福島郷土館へ・・樹齢300年程のヒノキ林の中にあります。
一角には、開田高原の民家が移築されています。
朝靄の中の馬場家住宅(1996年重要文化財)・・此処から出発です。
武田家の武将、馬場美濃守の子孫で、建築は1851年の本棟造りを有す。
d0048366_17301364.jpg

木曽福島郷土館、
d0048366_173149100.jpg

開田高原の民家。
d0048366_17324572.jpg

d0048366_17332171.jpg

此処から、伊那へ移動です。新しく開通した、権兵衛トンネル(4800m)を抜けて、伊那高遠まで、途中、伊那見晴らしファームで昼食。ここに、木曽馬とダチョウ牧場がありました。
d0048366_1751858.jpg

d0048366_17514495.jpg

d0048366_17521378.jpg

休憩をとって、高遠藩の藩医、馬島家住宅へ(木曾から伊那まで1時間20分、)・・馬島家は眼科の藩医でした。
切妻造り本棟造り、
d0048366_1756589.jpg

d0048366_17564281.jpg

d0048366_17572980.jpg

馬島家の上は、サクラの名所。高遠公園です。
現・東京藝術大学の初代校長が、高遠出身の伊澤修二です。
この縁により、現在まで交流があり、毎年記念音楽会があります。
辰野へ向かいます1時間で、到着しました。
ここに、小野家住宅があります。ひさしが無い堂々たる本棟造りです。現存の住宅は、安政6年の大火の後に建築された150年前のもので、小野宿の問屋と名主を兼務していました。
通りを挟んで、前に2棟の本棟造りがあります。
d0048366_18165249.jpg

d0048366_1817291.jpg

d0048366_18182633.jpg

前の、2棟・・左側には油屋、右側は酒屋の屋号がありました。
d0048366_18242765.jpg
d0048366_18244422.jpg

権兵衛トンネルの、お陰で一回りできました。
馬場家帰着は、4時20分でした。終日よい秋晴れに恵まれました。
[PR]
by joy24y | 2008-10-19 18:43
建設現場に着きました。ここが梓川からの取水部になります。
北アルプスから流れ、上高地の清流となる梓川には、上から、奈川度(ナガワド)ダム、水渡(ミドノ)ダム、稲核(イネコキ)ダムと発電所があり、何れもS36年からS45年に掛けて開発され、東京電力が完成させたものです。ここ、梓川頭首工から、梓川左岸、右岸と梓川道水路を経て、中信平一帯の用水路へ流れ、農地を潤して行く壮大なものです。
工事現場。
d0048366_949061.jpg

新しいゲートが完成。
d0048366_9501939.jpg

建設標、
d0048366_95122100.jpg

d0048366_9523516.jpg


d0048366_9545651.jpgd0048366_9553351.jpg










ここに、新しいプレートが付いていました。(来年3月完成ですね)
d0048366_958464.jpg

新たに魚道が設けられていました。
d0048366_1005071.jpg

今まで60年間使用していた、首頭工です・・新規完成すれば、解体されます。
d0048366_1061230.jpg

d0048366_107516.jpg

毎日、平穏無事な生活が営まれているのは、こうして電気、キレイな水が、スイッチ一つで、蛇口一ひねりで、私たちの家庭に繋がっているお陰ですね。建設費は30億円とか・・
改めて、先人らのご苦労、今現在、携わっている関係者に感謝いたします。
緑滴る瑞穂の国、日本に感謝の一日でした。ご覧頂き、有り難うございます。
帰途に付いた途端に雨が落ちてきました・・なんてラッキーでしょうか・・
[PR]
by joy24y | 2008-10-08 10:19

中信平の水路と農地081005

その②
新信濃変電所を出て、山形地区へ、中信平を一望し(曇りで遠くはハッキリしませんでしたが・・)梓川右岸を回り、梓水苑で昼食を・・安曇野を眼下に見る、室山へ、下って梓川左岸幹水路を経て、梓川頭首工の建設現場へ・・
長野県のほぼ中心に位置する松本平、此処は、梓川、奈良井川、烏川などによって形成された扇状地帯である。主原水の梓川は、年間流量の変動が大きく、水田への用水供給が、不安定であった。この為、国営事業の改良が実施され、S18~25年、S40~52年に掛けて土地改良と水路が整備され、今日に至っている。この結果、農地は飛躍的に伸び、1万2千hに及ぶ。現在では約1万hである。減少の理由は、農地の宅地化への転用、高速道路、幹線道路の建設などによるものである。施設も建設から、60年から30年が経ち、老朽化が進み、今回の梓川頭首工の新規工事となった。それでは、現状をご覧ください。
広大な農地、
d0048366_1064625.jpg

各農地に設置されている、水路のバルブ。
d0048366_1082649.jpg

バルブを開くと、水路からの水が出ます。
d0048366_10101410.jpg

これは、消毒用のもの。
d0048366_1011327.jpg

レタス畑・・収穫していました。
d0048366_10122690.jpg

手前はアスパラ、右手は特産の長いも畑、
d0048366_10144436.jpg

長いも畑では、固定式のスプリンクラーです。
d0048366_10164236.jpg

もう紅葉が来ています・・
d0048366_10205271.jpg

中信平一望です・・
d0048366_1025882.jpg

d0048366_10261099.jpg

ゲートです。
d0048366_1027241.jpg

昼食を、梓水苑で・・
d0048366_10212395.jpg

d0048366_10215147.jpg

このバスで回りました。
d0048366_10303864.jpg

室山そばの展望台から・・安曇野が一望です。
昭和44年に水田開発が中止され、代わりにリンゴが栽培された。今日、あずみのブランドで有名なリンゴが一面に広がっていますね。この中にも水路が縦横に走っています。
d0048366_1036653.jpg

d0048366_10363853.jpg

ここから、展望しました。
d0048366_10374139.jpg

リンゴ畑の水路・・
d0048366_10384966.jpg

d0048366_10392154.jpg

いよいよ、頭首工の建設現場へ向かいます。明日は、その③で・・
[PR]
by joy24y | 2008-10-07 10:28

電気と水081005

私たちが日常生活で、毎日お世話になっている、電気と水を学ぶツアーに参加(38人)
日本の東西の電気の架け橋、新信濃変電所と梓川水系の水路、用水と、その頭首工建設現場を、回りました。正に縁の下の力持ちですね・・
その① 新信濃変電所(松本歯科大の近く、朝日村に有ります)
日本の電気は、東日本では50Hz、西日本では60Hzの周波数です。この異なる周波数を、変換装置により、50Hzを60Hzに、60Hzを50Hzにする、装置がサイリスタバルブです。
ここは昭和52年に完成した、全国の電力融通拠点として、現在に至っています。
更に、梓川と高瀬川の両水系から送られてくる、電気を50万ボルトに昇圧して、東京に送電しています。
いま、新しい設備が建設中です。広さは23万㎡という広大なものです。
d0048366_9313915.jpg

変換装置・・サイリスタバルブ。
d0048366_9334789.jpg
d0048366_9341957.jpg

遮断器・・高電圧電流を開閉する。
d0048366_9354955.jpg

調相設備・・周波数変換時の電圧を維持する。
d0048366_9381041.jpg

複合開閉器・・遮断器、断路器等が一体になっている、ガス絶縁開閉装置。
d0048366_939485.jpg

運搬用の巨大トレーラー(80トン用)
d0048366_9412197.jpg
d0048366_9415569.jpg
d0048366_9422167.jpg




d0048366_9431227.jpg

初めての体験でしたが、とても参考になりました。明日は水路を・・
[PR]
by joy24y | 2008-10-06 09:48
神道祭は、旧松本市内全域の、お祭りです。祭神は天照大神をはじめ、四柱の神々です。
爽やかな秋晴れの下、善男善女が、お参りです。
メイン通りは、片側に各町内からの、山車が飾られていました。
今日のお城・・月見の櫓が、工事中でした。
d0048366_19333813.jpg

四柱神社・・
d0048366_19343973.jpg

神話の世界・・大黒主命と稲葉の白兎・・
d0048366_19365399.jpg

飾られた、山車・・
d0048366_19383599.jpg
d0048366_19385725.jpg

d0048366_19392761.jpgd0048366_19394990.jpgd0048366_19401010.jpg










d0048366_19405894.jpg

今日の美ヶ原高原。
d0048366_19421323.jpg

[PR]
by joy24y | 2008-10-02 19:45

桑畑と競歩練習081001

早朝は小雨その後、曇りに・・午後2時過ぎに晴れてきました。近くを一巡り・・薄川沿いで、ランニング中の生徒の一団に、合いました。3日の競歩大会の練習だそうです。現代っ子らしく、背は高く、体格もマスクもステキで、頼もしいですね・・松本工業高等学校の生徒でした。
戻って散歩に・・家の近くの桑畑が、さら地に変わりました。2週間ほど前から、重機が入っていましたが、完成です・・周囲は杭と鉄線でした。
跡地は何になるのでしょうか・・旧市内、数少ない桑畑が、姿を消しました。是も時代ですね。
15時頃の美ヶ原高原・・
d0048366_16322423.jpg

ランニングを終え、薄川沿いに集合する松工の生徒達・・
d0048366_16344711.jpg
d0048366_16351848.jpg

さら地になった桑畑の様子・・
桑の枝が切り取られ、切り株のみに・・
d0048366_16395292.jpg

此処に、重機が入る・・
d0048366_1641480.jpg
d0048366_16415016.jpgd0048366_16421342.jpg








 これが前の姿でした・・
d0048366_16455619.jpg
d0048366_16461510.jpg

今日10月1日、さら地になった桑畑・・広いですね~
d0048366_16481665.jpg

上空は青空です・・
d0048366_16491078.jpg


d0048366_16433370.jpg

d0048366_16441360.jpgd0048366_16443011.jpg
[PR]
by joy24y | 2008-10-01 16:56