グスタフ


by joy24y
カレンダー
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31

<   2011年 07月 ( 4 )   > この月の画像一覧

24日(日)あがたの森で管楽演奏会です(2時~4時)
プログラムは、テレマン・バッハ・モーツァルトと進み、休憩を挟んでエヴァルト、終りは松本交響楽団指揮者、作曲家の丸山嘉夫氏による、管楽器とバスの為のセレナーデでした。
講堂内は穏やかで和やかな雰囲気に包まれていました。真夏のひと時が静かに流れていきます。
d0048366_16474569.jpg

d0048366_16494376.jpgd0048366_16501361.jpg










d0048366_1651326.jpg
d0048366_16513894.jpg

d0048366_16524913.jpgd0048366_16531992.jpg










d0048366_1654723.jpgd0048366_16543170.jpg
[PR]
by joy24y | 2011-07-25 16:48 | アガタの森
d0048366_13382448.jpg松本美術館中庭で夕涼みしながらの、ハワイアンフラです。
南国ハワイの甘く優しい旋律が流れ、それに乗って独特の衣装や飾りを付けてのフラです。
夕方、涼しい風が中庭を吹き始めました。大勢の市民が愉しみました。
前庭では、お店が開かれ帰りに手にしました。それではご覧下さい。
d0048366_13331673.jpg

d0048366_13343293.jpg
d0048366_141426.jpg








d0048366_13393974.jpg
d0048366_13403111.jpgd0048366_13405949.jpg










d0048366_13421937.jpg

d0048366_134392.jpgd0048366_13433642.jpg











d0048366_13444857.jpg
d0048366_13453328.jpgd0048366_1346111.jpg
d0048366_13463222.jpg
d0048366_13472314.jpgd0048366_13474344.jpg










  フイナーレは全員で・・アリガトウございます。
d0048366_13501193.jpg

d0048366_1351499.jpgd0048366_13513175.jpg
[PR]
by joy24y | 2011-07-17 13:52 | 文化

真夏の暑さに・・230714

松本も連日30度を超える暑さに・・
10時頃お城へ行きました。観光客が来ていました。北アルプスは雲に覆われ、見えません。
木々は緑におおわれています。上空の雲は夏雲・・入道雲ですね。
d0048366_13273660.jpg
d0048366_13285148.jpgd0048366_13292336.jpgd0048366_13295416.jpg










d0048366_13304913.jpg
d0048366_13312871.jpgd0048366_13314940.jpg










d0048366_13323163.jpg
d0048366_1333838.jpg


家へ戻り、庭の花を・・夾竹桃も終りです、代って、アジサイ・クチナシ・クロサンドラが・・
d0048366_13385046.jpg
d0048366_13395322.jpgd0048366_13401219.jpgd0048366_13403571.jpg










   皆さん、ご自愛下さい。
[PR]
by joy24y | 2011-07-14 13:41 | お知らせ

宮沢賢治と高野辰之

7月1日、あがたの森で東北の偉人、その心・宮沢賢治(1896.8.27~1933.9.21)の世界をうたう、朗読と歌と、その解説が(1時半~4時前)ありました。
大盛況でこの暑い中、講堂は満員(400人位)になりました。
解説は田中欣一さんが進めました。
朗読は元NHKアナの青木裕子さん、歌はたぐちたみさん、ピアノ伴奏は中島加恵さんが・・

朗読では誰でもが知っている「雨ニモマケズ」を・・読み進むに従い、幻灯が映し出され白黒の美しい映像が浮かび上がります。このほか一時間ほど、間隔を空けての朗読でした。
とても感動的な雰囲気でした。
歌は初めて聴きました。たぐちさん指導の下唱和しましたが・・
「星めぐりの歌」「牧歌」種山ヶ原と、進み「花巻農学校精神歌」はさながら行進曲の様に明るい旋律でした。1.2は何れも宮沢賢治の作詞・作曲です。3番目は作詞のみでしたが・・
ほかに、荒城の月、青葉城恋唄など名曲が披露されました。
改めて東北の偉人の存在感を実感しました。昭和8年、37歳の若さで結核に仆れた偉人に、心からの冥福を捧げます。
会場費・1500円は、すべて東北大震災へ寄付されるようです。
d0048366_5254626.jpg

     
d0048366_5261622.jpg


7月2日、野球の名門・松商学園で北信・豊田村出身の「高野辰之の日記」をテーマに、信州大学教授・中山祐一郎さんの講義がありました(2時~4時)
日本人なら誰でも一度は歌った事のある「「故郷」「春の小川」「朧月夜」「もみじ」など、文部省唱歌の作詞家ですね。(1876/M9~1947/S22/71歳)
「故郷」では今年の4月11日、NHKホールで、プラシド・ドミンゴさんが、東日本大震災支援として来日・・選んだ歌が「ふるさと」でした。日本語で歌はれ、そのご挨拶では、真摯な言葉に我々皆が、心を打たれ、共感を呼びましたね。
さて、話を戻します。明治41年~42年に掛けての日記を元に解説され、高野辰之の実像と唱歌作品に掛けた情熱が、ひしひしと伝わりました。
名前は知っていても、その人生までとなると、新しい発見が必ずありますね。
d0048366_610113.jpg

      
d0048366_6102682.jpgd0048366_6105051.jpg












講義は6階、メディアホールで・・

まだまだ暑くなります、地震も起こります。ご自愛下さい。
[PR]
by joy24y | 2011-07-04 06:21 | 文化