グスタフ


by joy24y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30

<   2011年 09月 ( 6 )   > この月の画像一覧

箱根行き(230923)

今日で9月ともお別れですね。いよいよ天高き秋に入ります。
箱根に行って来ました。
今回は天下の険・・箱根を越え、芦ノ湖まで、更に杉並木を歩きました。約二時間ですね。
あいにく富士山は曇りの為、見えませんでしたが、初めての体験でした。ご覧下さい。
同行者43人と松本駅前を大型バスで、7時出発です。
中央道大月JCから御殿場を目指します。ここに入って間もなく、リニア鉄道線が右手に見えます。
ススキノで小休止、ここで1400CCの大型オートバイ「カワサキ」に出会いました。
諏訪Noのかたでした。
d0048366_1325339.jpg

甘酒茶屋(標高726m)に着き小休止。此処から箱根越えを・・各地から大勢集まっています。
ボランティアの女性が同行し、説明していただきました。有り難いですね。
天下の険、箱根街道を歩きます。急峻の道、踏み固められた木の根の道、整備されている石畳の街道をユックリと登ります。
d0048366_1334652.jpg

d0048366_1432267.jpg
d0048366_1441150.jpg

d0048366_1495178.jpg

d0048366_144376.jpg

ほぼ頂上に出ました。標高840m・・観音堂があります。前に見える山は、二子山です。
d0048366_1474498.jpg

麓まで下ります・・道路へ出ます。
ここは、伝統の寄木細工の町ですね。通りの店に寄木細工の看板が掛っていました。
d0048366_15471029.jpg

道路を渡り、歩道橋に上がります。目の前に杉並木が見えます。
此処からその杉並木を通ります。
d0048366_7255876.jpg

d0048366_14114130.jpg
d0048366_14123277.jpg

d0048366_14131464.jpg
d0048366_14134593.jpg
d0048366_14142546.jpg

芦ノ湖に出ました。富士山は曇っていて見えません。
d0048366_1416732.jpg
d0048366_14163281.jpg

恩賜箱根公園へ・・又も登ります。  湖畔展望館。
d0048366_1419921.jpg

このあと、箱根の関所を見て駐車場まで・・
d0048366_14213321.jpg
d0048366_1422222.jpg
d0048366_14222277.jpg



駐車場には、なんと3台のバスが・・此処で合流したのですね・・盛況です。
d0048366_14313792.jpg

ガイドのボランティア女性とは此処でお別れしました。アリガトウございます。
バスで山を下りましたが、目の下に駿河湾が広々とはるか彼方まで見えました。
とても美しく目を奪われました。北アルプスも壮大ですが、豊かな海も魅力的ですね。
箱根の旅、終わります。
ご覧頂アリガトウございます。
[PR]
by joy24y | 2011-09-30 14:28 |

東京行き、その③23915

今日は私の出生地、池袋へ・・当時とは様変わりですが(笑い)変わらぬ場所もあり、懐かしい所です。此処でB29の爆撃に会う日まで、池袋第五小学6年まで育ちました。
東口、西武デパート側、サンシャイン・シティ屋上の水族館へ・・
平日だと言うのに、親子ずれ、若いカップルで長蛇の列・・チケット購入まで30分かかる。
海辺まで行かずに、都会の真ん中で、お魚に出会えるとは・・ご覧下さい。
   マイワシの大群・・壮観ですね。
d0048366_16572756.jpg

   これは、タコさん。
d0048366_16412756.jpg

   大水槽、
d0048366_16423484.jpg

   マンボウくん、
d0048366_16433472.jpg

   カワイイ、ハゼです。
d0048366_16451060.jpg

   沖縄の珊瑚。
d0048366_16464312.jpg

   沖縄のエンゼルフィッシュ。
d0048366_16585540.jpg

  外へ出ます・・日の光りが眩しい、
d0048366_1650153.jpg

  池袋東口、
d0048366_16511635.jpg


 少し遅い、昼食をとり、東京滞在は終わります。またお目にかかります。
[PR]
by joy24y | 2011-09-26 16:52 |

東京行きその②

14日、その②
23.3.11東日本大震災では、人的、物的、精神的被害はかってない大被害になり、加えて原発被害が広がり、未だに収束が見えません。全世界から支援の手がさし伸ばされました。感謝ですね。挙国一致の智慧と行道で一日でも早い解決が待たれます。
大正12年9月1日、お昼頃発生した関東大震災、及び太平洋戦争中の、昭和20年3月10日の夜、東京下町を襲った米国の大空襲は、10万人以上の一般市民の大虐殺となる。
その慰霊堂が両国に在ります。お参りに行って来ました。
   新宿から地下鉄で両国まで・・・地上へ出ると目の前に・・
d0048366_66167.jpg

       江戸東京博物館と、       第一ホテル両国が、
d0048366_693845.jpgd0048366_61027100.jpg









横網町公園にある、慰霊堂は此処から歩いて、8分ほどで着きます。
d0048366_612356.jpg

d0048366_7192392.jpg

   この惨状を知って心からご冥福をお祈りしました。
当時、世界の国々から、支援の手が上がり、最大の支援国は、アメリカでした。
堂内には遺品、写真、絵画、新聞、本などが展示されてあり、関東大地震の実態が分ります。
ここで発見がありました。竹久夢二が現東京新聞の記者として、その現状を挿絵と共に報道していました。
公園内に復興記念館があります。関東大地震とS20年3月10日の空襲による、惨状を知る事ができます。
私の父母一家は池袋に居住していました。池袋がB29の大編隊に爆撃されたのは、一ヵ月後の4月12日夜・・約一ヶ月後でした。池袋も壊滅しました。
終戦から66年経ち、平和国家・経済大国日本になりましたが・・忘れてはなりませんね。
d0048366_6423699.jpg
d0048366_643928.jpg

d0048366_6441317.jpg

ホームから・・
d0048366_658567.jpg


お昼にしました。
d0048366_656402.jpg


   一休みして、再び上野まで・・・
今年2月に中国からパンダが来ましたね・・見てきました。
園内に入ると、すぐ右手にあります。
ラッキーでした・・シンシンは食事中、リーリーはお昼寝中でした。
可愛いですね・・そのしぐさがカワイイ・・此処で見れば、人気の理由が分ります。
   シンシンです。
d0048366_741285.jpg
d0048366_744716.jpgd0048366_752037.jpg











    リーリーは、お昼寝中・・
d0048366_764784.jpg
d0048366_7799.jpg
d0048366_774213.jpg
d0048366_78917.jpg


    園内の、天を突く堂々たる五重塔を前に一休みです。
  これを見るたびに幸田露伴の、のっそり十兵衛の「五重塔」を思い出します。
d0048366_711815.jpg
d0048366_7114385.jpg
d0048366_712588.jpg


   ご覧頂きアリガトウございます。その③は後日に・・
[PR]
by joy24y | 2011-09-25 07:35 |

東京行き(9/13~15)

上野で大英博物館・「古代ギリシャ展」と「空海と密教美術展」が今月25日まで開かれています。行って来ました。両展共に重厚で密度の濃い、見ごたえ充分な展示会です。
その①~その③をご覧下さい・
   双葉SAで、
d0048366_12484429.jpg

   新宿に着く、バスを降りて・・
d0048366_12505734.jpg

   JR山手で上野に・・
d0048366_12524940.jpg


その①
    最初に西洋美術館で「ギリシャ展」を・・
d0048366_12552952.jpg

d0048366_12562568.jpgd0048366_12564985.jpg
    









             庭園の群像を撮る。
     カレーの市民             地獄の門
d0048366_1332722.jpgd0048366_1344554.jpg









      館内へ入ります。
ヘラクレスの12の功業が続きます。怪物退治を描いた壷絵には、ネメアのライオン退治やクレタの牡牛の捕獲など、いずれも怪力の所業ですね。
ローマ皇帝、ハドリアヌス(在位117~138)の為、製作されたヘラクレスの大理石の頭部も・・
ギリシャ陶器では、黒像式と赤像式が鮮やかな色彩で描かれています(前500年ごろ)
館内一の傑作のひとつ、古代オリンピックの「円盤投げ」・・なんと美しく、凛々しい肉体美。
ギリシャの彫刻家ミュロンの作だが、これは1791年、ハドリアヌスの別荘で発見された、ローマン・コピーですと・・高さは1m70cmです。
スフィンクスでは、謎かけが・・生まれたときは四本足で、大きくなってからは二本足で、老人になれば3本足に・・此れは何か?・・応えられぬものは、食べられたと言う伝説・・
解答は人間である。解いたのはオイデプス王・・
傑作ぞろいで時間を忘れますね。
見終わって常設館へ・・此処にも傑作がこんなに有ったとは・・忘れていました。
外へ出て、東京文化会館二階で昼食です。
d0048366_13554393.jpg

一休みして、平成館で「空海展」を・・ここは長蛇の列です。
d0048366_1403867.jpg

東京国立博物館・・1882年(明治15年)開館・・ドッシリと美しいですね。
d0048366_1411655.jpg

平成館前の大銀杏・・
d0048366_147048.jpg

d0048366_1493948.jpgd0048366_1410174.jpg











    冷水サービスがありました。
d0048366_14114132.jpgd0048366_1412269.jpgd0048366_14122950.jpg










館内に入りました。
日本に仏教が伝えられて1400年以上です。その教えと共に優れた仏像が観られます。
この展示会で空海の偉業とその全てが理解できます。
空海(774~835)は四国讃岐に生まれ、幼年より利発、神童であった。長じて修業中の室戸岬辺りか、空と海を常に目にしていた・・其処から空海と称したとか・・
31歳ごろ、東大寺で得度受戒した。804年、遣唐使の留学層として、唐へ渉る。
この頃、最澄(伝教大師、比叡山・延暦寺、天台宗の宗祖。767~822、55才入滅)は天皇の護持僧の地位に居た。空海は20年はかかると言う勉学を、僅か2年で修業修得し、806年に帰国する。長安でも、俊才を発揮する。
空海が彼の地で学習に必要な梵語(インドの言葉)を学んだあと、当代一の密教の師、恵果和尚を青龍寺東塔院に訪ねる。恵果は初対面の空海を見て、その非凡さを見抜き、仏法の全てを教えた。
816年、修業の地として、高野山を下賜される。各地で布教、土地改良農事に尽くす。
823年(50歳)東寺を賜り、真言密教の道場とする。
832年、高野山金剛峰寺を定額寺とする。
835年3月21日入滅する(61才)。
921年に醍醐天皇より、弘法大師の諡り名を贈られる。
真言宗では、空海を「南無大師遍照金剛」と称す。
故郷四国での山岳信仰の霊場は、世に言う四国八十八ヶ所の寺々を巡る霊場行となり、今日に及んでいる。

館内を出て左手に、スカイツリーガ見えました・・此処から見えるとは・・・
d0048366_14372238.jpg


その②は後日に・・
[PR]
by joy24y | 2011-09-19 14:41 |

松本農林業まつり230910

好天に恵まれた、あがたの森で農林業祭りです。
これからは各地区で順次開催でしょうね・・秋の収穫祭の始まりです。
    会場
d0048366_2125682.jpg

    真っ白なおネギ・・ツヤツヤで輝いています。
d0048366_2131892.jpg

    おやき。
d0048366_2153912.jpg

    「信州黄金シャモ」の焼き鳥・・・これは、美味いですよ。
d0048366_2183169.jpg

    親子で木工教室・・
d0048366_2193097.jpgd0048366_219559.jpg









    ぶどー
d0048366_2112040.jpg


    皆さん、一休みです。
d0048366_21123786.jpg


    シアワセな収穫祭です。
[PR]
by joy24y | 2011-09-10 21:14 | アガタの森
快晴になりました。Mウィング前からお城までパレードです。50校以上の小中学生が、吹奏楽器を手に行進します。生き生きと元気イッパイです。ご覧下さい。
お神輿が出ました。
d0048366_823340.jpg

d0048366_8235237.jpg

行進が始ります。
d0048366_11175375.jpg

d0048366_11183634.jpgd0048366_111921.jpg










d0048366_11194279.jpg
d0048366_1120570.jpg


   お城へ向かう人々・・
d0048366_11263235.jpg

   冷水のサービスです。
d0048366_11274132.jpg

   吹奏楽が始まります。
d0048366_11285592.jpg


   今年は、小澤征爾さんに健康上のアクシデントが有りましたが・・何とか乗り越えましたね。
  お元気になります様に、祈念致します。
[PR]
by joy24y | 2011-09-01 11:36 | サイトウ・キネン・フェス