グスタフ


by joy24y
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31

二日目

26日
今日は、倉敷の大原美術館を中心にして周辺を観光します。
早朝の散歩に海岸まで・・臨海学校の生徒たちが、砂浜のお掃除、ゴミ拾いをしていました。
市役所へ回る・・その美しい建物に見とれました。
d0048366_918136.jpg

美しい姿の倉敷市役所
d0048366_920665.jpg

大原美術館へ、小雨になりました。
現、クラレの創業者、大原孫三郎(明治13年~昭和18年)が1930年(昭和5年)に開館。
ここに、本館(美術館),分館、工芸館、東洋館、ホテルがあります。
入り口にロダンの彫像・・ヨハネとカレーの市民群像の一体があります。
ここでは時間をタップリとりました。
d0048366_9384083.jpg

中庭
d0048366_952491.jpg

睡蓮
d0048366_9532847.jpg

本館前の大原邸から、夫人の為に建てた、有隣荘を見学し、倉敷アイビースクエアーまで
アイビーには、児島虎次郎記念館、代官所跡、工房、倉紡記念館、中庭広場の向うには
瀟洒なホテルもあります。
倉紡館では、現クラレに至る歴史、社史が展示、説明されています。
ここで、社標と社訓が分かりました。
二三(にさん)のマーク・・それは、常に謙虚な心を持ち、気概は一番を目指せ・・の意を表わしています.
児島虎二郎・記念館
大原孫三郎の親友であり、その依頼を受け5年のヨーロッパ行きで、数々の絵画を収集して今日の美術館の基礎を築いた。自身は洋画家としても活躍した。
d0048366_1015129.jpg

ここを出て、遅いお昼を済ませ、付近を散策・・
d0048366_10531779.jpg

d0048366_10534893.jpg

雨は上がっています。ジーンズ・ショップを見て、瀬戸大橋架橋記念館へ
館全体が橋のイメージ・・橋の全長模型、記念のリベット、ボルト、スパナが金色にメッキされて展示。2Fでは世界各国の橋がパネルで展示、紹介されています。
d0048366_111024.jpg

館を出て、日本屈指のコンビナート・水島を山上から一望する(茂る枝が視界を遮る)
d0048366_11141041.jpg

暗く成り出したところで大橋の夜景を見て夕食を取り、一日を終えました。
(大橋の写真は、一括で、最後にお見せします)
[PR]
by joy24y | 2006-05-31 11:24 |